母子手当とは?

母子手当とは離婚や死別などの理由により、母親(父親)ひとりで子供を育てなければならない家庭に国が経済的援助を行う制度のことです。
また、母子手当は児童扶養手当とも呼ばれ1961年に創設されて以降、母子家庭のみが対象でしたが、2010年8月以降、父子家庭にも支給されています。          

特別児童扶養手当

身体や精神に障害のある20歳未満の児童に特別扶養手当を支給する制度のことです。
児童扶養手当(母子手当)の要件を満たしていれば、特別児童扶養手当と両方受給することも可能です。
支給対象の児童は身体障害者手帳の1級から4級の一部で、その父母又は監護者が受給者となる。
手当の額は1級で月額50,750円、2級で月額33,800円となっています。

こども手当

15歳以下の子供を扶養する保護者に手当を支給するという制度のことです。
2010年S4月1日に実施されたが、2012年の3月31日をもって廃止となりました。
このように制度は日々変化していくものなので、母子手当を受給する方も注意が必要です。

母子年金

昭和61年4月改正前の国民年金の給付のひとつで、夫が死亡した場合18歳未満(障害児は20歳未満)の子を持つ妻に支給される制度のことです。
昭和61年4月1日に廃止され、同日以降に関しては遺族基礎年金として支給されています。
遺族基礎年金を受けることができるのは妻又は子であり、死亡した人によって生計を維持していた人です。また、妻は以下の要件に該当する子と生計を同じにする必要があります。

(1) 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者(障害等級1級、2級に該当する子の場合は20歳未満であること)

※婚姻している場合、支給されません

(2) 死亡の当時胎児であった子が生まれたとき