母子手当を受給できる条件

母子手当を受給できる方は、以下に説明する要件のいずれかに該当する児童を監護、又は養育している父母です。
尚、この児童の対象年齢は18歳に到達して最初の3月31日までの間にある者に限ります。
また、児童が特別児童扶養手当を受給できる程度の障害を抱えている場合、20歳まで受給することが可能です。
母子手当を受給できる要件は以下の7項目です。

  1. 両親が離婚し母子家庭(父子家庭)である
  2. 父又は母が死亡
  3. 父又は母が一定の障害の状態である
  4. 父又は母が一年以上拘禁されている児童
  5. 父又は母に遺棄されている児童
  6. 母が未婚のまま懐胎した児童
  7. 孤児

母子手当を受給できない条件

以下の要件のいずれかに該当する方は、母子手当を受給することができません。
受給できない要件は以下の6項目です。

  1. 日本国内に住所がない
  2. 父や母の死亡に伴う年金、労災などを受給できるとき
  3. 父又は母の年金の加算対象になっているとき
  4. 父又は母と生計を一緒にしているとき(父又は母が障害の場合は除く)
  5. 父又は母が再婚し、その連れ子として父又は母の配偶者に養育されているとき
  6. 里親に委託されているとき

※児童扶養手当で言う結婚とは、婚姻と同様な生活(いわゆる事実婚)をしている場合も含む。

スポンサードリンク